【保有資格】

一般社団法人 骨格スタイル協会
・骨格スタイルアドバイザー 1級
一般社団法人日本スカーフコーディネーター協会
・スカーフコーディネーター
・ストールコーディネーター
看護師 保健師

【活動実績】
なんか素敵♡“エフォートレス美人”のつくり方レッスン主宰
セブン&アイホールディングス
 セブンカルチャーネットワーク池袋コミュニティ・カレッジにて
 骨格診断講座やスカーフセミナーの開催
オンワード樫山 WEBサイトモデル

 

 

 

 

エフォートレス美人スタイリスト

和田みさきです。

私、大学を卒業してから都内の病院で看護師をしていました。

企業で保健師の仕事をしていたこともあります。

13年間医療の現場で老若男女数えきれない人と関わってきました。

そんな私が、今どうしてファッションの仕事をしているのか。

不思議ですよねぇ。

もともとファッションは好きで、

20代の頃はCanCam、その後AneCan

えびちゃん、もえちゃんを崇拝していました。

(そういえば、勤めていた大学病院でもえちゃんを見たな、、)

30代前半ははOggiやCLASSY.

今は、Domani、Marisol、Preciousなどを好んで読んでいます。

キレイめで女性らしさのあるスタイルが好きなんです。

ただのオシャレ好きの看護師だった私が、

人にオシャレを教える仕事をしている理由。

それは

『ファッションで人生が変わる』と本当に思っているからです。

私は不妊治療を経験し、子どもを授からなかったことで、

女として失格

人間として失格

と思っていた時期がありました。

電気をつけず暗闇の部屋で

パソコンを見ながら治療の情報を読み漁っていた時、

同年代の女性が、

プチプラでオシャレを楽しんでいるブログを見つけました。

同じような年代の人が、こんなにも輝いている!ということに

衝撃を受けました。

女として失格の私でも、

ファッションくらいは人並みになれるのでは?

と思って。

プチプラブロガーの方を真似して

ネットで購入すること数えきれず。。

でも。

私には全く似合わない。

オシャレに見えるはずなのに、

私が着るとオシャレじゃない。

また無駄遣いをしてしまった。

治療でお金がかかるのに、私はなんてダメな女なんだ。

落ち込む日々。

どうにかしたい!!自分を変えたい!

そう思ってオシャレの勉強をしました。

勉強していくと、

「わたしに」似合う服があるということが分かりました。

わたしに似合う服を知って、垢抜けていくと

自信が持てるようになりました。

わたしに似合う服があったように

わたしには

『わたしに似合う人生がある』

と感じられるようになり、

子供がいるいないということに

こだわるのはやめました。

好きで似合うファッションを身につけたことで、

わたしは人生が好転したと感じています。

世界が広がったと感じています。

誰でも、コンプレックスや悩みは持っています。

時には自分だけが

取り残されているように感じたり、

周りに流されたりすることもありますが、

『わたしに似合う人生がある』

ということをファッションを通して

伝えていきたい。

わたしって「なんか素敵♪」

と思える人が増えますように。

 

 

エフォートレス美人スタイリスト

和田みさき

 

 

和田みさき骨格診断とは