ナチュラル体型は大きめサイズがいい?

先日、ショピング同行をした、継続レッスン生が
同行中、
『思っているよりも、サイズが小さくていいみたいですね。』
と言っていて、
 
そーなのーーー!と激しく同意したので、ブログでもシェアしたいと思います。
 
 
同行をしたレッスン生も、私と同じ、
骨格診断「ナチュラル」の体型。
 
 
骨格診断「ナチュラル」と言えば、
ゆったりとした、大きめのシルエットをざっくりと着崩すのが似合う体型。
 
でも、もし
「ナチュラル」体型だから
大きいサイズがいい!と思っているなら、間違いです。
 
 
無駄に大きなサイズを選んで、ブカブカで余計に貧相になっている場合があるのです。
 
骨っぽさを目立たせない=大きいサイズ
というわけではないんです。
 
実際、レッスン生は、
体のラインを拾わないほうがいいと思って(←これはあってる◯)
スキニーと書いてあるデニムは避けていました。
 
でも、私が実際に選んだデニムはスキニータイプ。
ピタピタというものではありませんが、デニムの表示は「スキニー」となっています。
 
スキニーだからダメ、
大きめだからいい、ということでなく、
 
どうして私は体のラインを出さないほうがいいのか
体のラインを出さないってどういうこと?
と考えられるようになると、
 
表示に惑わされず、
お店がなくなっても、流行が変わっても、
自分で選べるようになると思います。
 
そんな力を養ってもらいたい。
 
 
骨格診断で、
ストレートだと、大きめはNG
ウェーブだとフィットするほうがいい
ナチュラルは、大き目がいい
 
 
なんて雑誌などには書いてありますが、
それもあってはいるのですが、
「なんで??」ってことまで掘り下げて理解できるようになると
あなたに「似合う」服が分かるようになってくると思います!
 
 
診断結果に惑わされず、自分の体型を魅力的に見せる手段として
骨格診断をうまく利用していただくといいですね!
 
 
今回のショッピング同行で、レッスン生は、
自分の体型にあったアイテム(今回はボトムスをメインに)が揃って、
この夏は、仕事もプライベートも充実したものになりそうです。
私もワクワクしています^ ^ 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA